大辞典を世に送る

辞書には、事物内容の説明を主とする辞典 Encyclopedia と、言語形式の説明を主とする辞典 Dictionaryと、この二大別がある。我社は曩に事典として最も完備せる大百科事典を発行して江の絶讃を忝うしたが、今また更にその姉妹辞典として最も完備せる綜合大辞書刊行の大業を決意し、玆にその第一巻を世に送る。

 我國には、すでに量的にも、質的にも大且つ精なる二三の辞典が刊行され、何れも學界を益しつつあれど、國語學乃至一般學術輓近の進歩から申せばなほ多くの満たざれるものがある。近来文化の発展は實に驚くべく、精神界竝に物質界に關する人類の知見と思想とは、その深さと廣さに於て、往時と天地懸隔の差異がある。從ってこれを表現する言語もまた無限に變化し、或は從來の意味が變ぜられ、或は新しく創造せられる。試に日々発行の新聞を見よ、餘程の博學多識に非ざる以上は、その全面紙に登載せられたる記事を悉く正當に解釋する者あらざるべく、また言語それ自身にも、古今雅俗の變遷あり、故に古人の辞典を以て、現代人の著述を讀まんとすること殆ど不可能である。されば今日、學者教育者は勿論一般文化層の人々の讀書研鑽に於て缺くるところなからんための辞典としては、和漢古今雅俗一切に亙り、語彙が豊富で、多方的で、解説が簡明で、索引が便利で、而も學界輓近の研究を悉く採入れ、専門術語、固有名詞までをも網羅綜合されたものでなくてはならぬ。

 本大辞典は、右の要求に應ふべく、語彙は、あらゆる文献口碑よりすべて新に採集し、解説は一語一語全部新に専門諸大家の執筆を煩はし、索引は表音五十音順片假名に基準一定し、和語、漢語、外来語の古今雅俗一切、竝に専門術語、固有名詞にまでその採録語の範囲を擴大し、一部にしてよく國漢辞書と部門辞書一切の用を兼ねしめ以て完璧無比の綜合大辞書たる實を具備せしめた。

 本大辞典の編纂刊行に當り、我が学界の諸権威が、その蘊蓄を傾けて欣然参加せられ、我社二十年来の念願を満して玆にこの難業を大成せしめられたるを喜ぶと同時に、社内外の編纂調製関係各位の晝夜兼行的努力を謝し、満点下諸彦の、さきに大百科に寄せられたる同じ支持と同情とをこの大辞典にも賜はらんことを希ふ。 

 昭和九年六月二十日 

 平凡社社長 下中彌三郎